LINE

違反

LINE MALL

禁止行為

禁止行為

◆禁止行為
●記載表現
・検索キーワードを羅列した商品タイトル、商品説明の表記
・商品情報文字数より多い数の煽り文句、飾り文字等が入っている商品説明文
・電話番号、メールアドレス、Twitter、mixi、LINEといったSNSサイトのIDなど、外部連絡先
・他サイトでの購入・決済を促すリンク掲載
・商品と商品カテゴリの内容不一致
・商品説明が句読点、記号を除き20文字以下の場合
・外国からの出品と伺える表記、表現
・商品内容や価格が正確に把握できない表現
・メーカー、商品ロゴのみの掲載
・権利を有していない著作物の無断使用
・有名人、著名人の画像、名称
・買取、高価買取といった表記
・出品リクエスト表記
・交換が前提の表記
・価格交渉、またはそれを受けつける旨の表記
・取り置きを受け付ける旨の表記
・商品代金を分割し2個以上の出品とする表記
・募金、チャリティといった、善意での寄付を募る表現
・1つの出品で複数の商品を掲載しつつ、そのいずれかの購入を促す表記
・出品物と無関係な商品広告へのリンク表記
・「おまけ」、「サービス」等の文言とともに、出品に別の商品を添付する旨の表記
・出品代行、代理販売行為、また代行行為を想起させる表記
・自らまたは組織等を偽る表記
・商品詳細欄に特約事項を付記する
・「詳細は後ほど」など、商品情報の大幅訂正が予測できる記載
・「分かる人だけ注文ください」「詳細はメールでのみお答えします」といった表記がある
・外部サイトや直接連絡を取る誘導を想定させる表記
・購入者から直接各種手数料を徴収している旨の表記
・ブランド正規品ではないと想定できる表記
・誹謗中傷や脅迫とみられる表記・表現
・殺害・虐待・自殺・自殺行為を肯定・勧誘あるいは助長するまたはその恐れがあると当社が判断する内容(殺害・自殺の方法などを掲載する行為を含む)
・医薬品と誤認されるような効能効果の表記
・違法薬物、火器・けん銃など違法武器、爆発物の製造、売買春、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、傷害、詐欺、窃盗等の犯罪を肯定・勧誘あるいは助長するまたはその恐れがあると当社が判断する内容
・残虐または暴力的な内容・動画・画像(イラストや絵画等も含む)の掲載
・個人情報の掲載
・社会通念上、不適切と解釈され、またはその恐れのある表現・内容の掲載
・アダルト画像、動画を含む内容の掲載
・著しく性欲を興奮させたり、刺激したりする内容・画像の掲載
・アダルトサイト、出会い系サイト関連の表現・内容またはこれらのサイト等へのリンク
・無限連鎖講、リードメール、ネットワークビジネス関連の勧誘等の情報、およびこれらに類すると当社が判断する情報の掲載
・選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似すると見られる表記、および公職選挙法に抵触する表記
・出会いを目的とするとうかがえる表記
・人種、民族、性別、信条、社会的身分、居住地、身体的特徴、病歴、教育、財産等による差別につながる表現・内容の掲載
・その他、法律に抵触する行為、および当社が不適切と判断する行為


●出品まわり
・全体像が確認出来ない(把握しづらい)画像
・ブランドのロゴマークを使用した画像
・自分撮りの顔出し写真(着用画像含む)
・出品者が撮影していない画像の使用
・商品を正しく理解できない商品タイトルを付けること
 例)譲り受けたバッグ、サイズが合わなかったので出品、サイドのビジューがかわいい!
・商品タイトルに以下の文言等を使用しないこと
 -あおり文句
 例)値下げ、激安、今だけ!、希少、大人気♪、セール
 -ブランド名
 商品と無関係のブランド名入力は禁止行為となります。
・LINE MALLの定める出品禁止商品の出品
・LINE MALLの定める記載禁止事項の記載
・商品説明が不十分な出品
・商品の内容や数量が不明瞭な出品
・実際の商品内容と異なるブランドや画像の設定、表示
・ブランド偽造品、レプリカの販売
・虚偽のブランドの設定
・商品が手元に無いことを想定できる状態で出品すること
(出品者が撮影していない画像の使用を含む)
・売切れた商品を出品し続けること(SOLD  OUT表示のあるものは除く)
・1つの出品で色や柄、サイズなどが異なるものを複数扱うこと
・商品等の広告を主な目的として出品すること
・無関係な商品情報の設定
・市販の商品を定価や実売価格よりも著しく高い価格で販売すること
・商品でない情報の投稿(探し物や広告含)
・商品が購入された後に商品情報を変更する行為
・メールアドレスやURL等を記載してLINE MALL外での取引の勧誘
・販売を目的としない出品
・特定の条件により購入を制限する出品
・購入された後に商品を購入または制作などで用意すること
・出品商品以外の商品やサービスを内容についての説明が不十分なまま「おまけ」などとして付加すること
・1つの商品を同時に複数出品すること
・商品説明文を画像にして出品すること
・専用出品行為
・故意にカテゴリやジャンルを間違えて出品すること
・支払いを不要とする出品
・特定の条件により価格が変動する出品
・画像の追加や商品説明の追記を目的とする出品

●取引まわり
・正当な理由がないのに取引をキャンセルすること
・LINE MALLで用意した決済方法を使用しない、代引きを含む直接取引
・LINE MALLで指定した発送方法を利用しない取引
・キャンセル料の強要
・購入に際し、購入者に特定の条件や行為を要求すること
・購入した商品を出品者の許可なく転売する行為、転売目的の購入
・商品代金の分割払いを求める行為
・購入する意思を出品者に伝えた後のキャンセル
・購入する意思を出品者に伝えた後の商品代金未払い
・商品代金支払完了後の商品未発送
・商品価格よりも高い金額を商品説明に記して高い金額の方で取引を行うこと
・商品価格以外に消費税や手数料と謳って追加費用を求めること
・購入者に送料の支払いを求めること
・禁止出品物であると知りながら購入すること

●その他
・誹謗中傷や脅迫行為
・募金を集める行為
・荒らし行為
・わいせつな行為
・スパム行為
・サクラ行為
・出会いを目的とする行為
・他者になりすましてLINE MALLを利用する行為
・他の利用者、当社または第三者に不利益や損害を与える行為
・当社の承認が無いにも関わらず、本サービスに関連した営利を目的とする行為
・本サービスの運営を妨害する行為

禁止出品物

禁止出品物

◆禁止出品物
●ブランド偽造品、レプリカの販売
法律によってブランド偽造品、レプリカ、模造品の販売は禁止されています。
正規品のブランド品のみ出品いただけますが、正規品かどうか分からない商品の出品はお控え下さい。
LINE MALL運営事務局で正規品ではないと判断した商品は出品取下げにさせていただくこともありますのでご了承ください。
商品画像、商品タイトル、ブランド名設定、商品詳細文を基に判断します。

●第三者の知的財産権を侵害しているもの
<商標権関連>
・ブランド偽造品
・レプリカ品、コピー品
・ブランド品の一部を加工したハンドメイド品
・ブランドの包装用具を加工したもの
・デザインやロゴマークがブランド品と酷似しているもの
・正規品であると証明できないもの
・商標を不正利用したもの
・その他、購入者がブランド品と誤解・混同してしまうようなもの

<著作権関連>
以下の無断複製したと判断できるもの ※媒体は問わない
・音楽CD
・映画
・ゲームソフト
・コンピューターソフト
・テレビ番組
・ラジオ番組
など、他者が著作権を有する著作物

その他禁止されているもの
・許諾の無いプレインストール販売
・複製されたデジタルデータ
・マジコン
・コピーガードキャンセラー
・MODチップ
・ボリュームライセンス商品の転売、小売など
・有名人・著名人の生写真、アイコラなどのパブリシティ権ならびに肖像権を侵害するもの
その他、著作権侵害の恐れがある出品

●法令に違反している商品
<動植物>
希少野生動植物種の個体等
象牙
はく製
毛皮
など

<薬物>
・麻薬
・覚せい剤
・危険ドラッグ
・精力剤・媚薬
・大麻の実、種子
・シンナーなどの有機溶剤、ガス
・毒物・劇薬
・農薬
・肥料

<主に武器としての用途となるもの>
・銃器類 ※モデルガン、エアガン含む
・弾丸 ※使用済み含む
・刃物
・ボウガン
・スタンガン
・スリングショット
・催涙スプレー
・ヌンチャク
・ナックルガード
・特殊警棒
・三節棍
・トンファー
・上記の部品など

<その他禁止されているもの>
・偽造カード
・データスキミング装置
・ホワイトカード、ICチップ
・偽造文書
・偽造印鑑
・各種取締りから免れる事を目的とした、脱法目的に利用される商品
・窃盗、詐欺、恐喝、強盗、横領などの犯罪行為により取得された恐れがあるもの
・開錠用工具、ピッキング用具、錠と対でない鍵、マスターキーなど
・コンピューターウィルスなど

●医薬品・医療機器など
・医薬品
・医療機器
・手作りの化粧品・石鹸・入浴剤
・コンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズ
・開封済みのコンタクトレンズケア用品
※ビジネス利用のためストア申請し、LINEから該当商品の販売を認可されている場合を除く

●不衛生なもの
<衛生上、好ましくないと判断されるもの>
・開封済みの化粧品など
・中古のピアスなど
・中古の哺乳瓶、おまるなど
・使用済みの(試着を含む)下着・ストッキング・水着・ブルマ・学生服など

●食料品・飲料品など
・動物の飼料を含む食料品および、飲料品のすべて
・サプリメント等の健康食品
※ビジネス利用のためストア申請し、LINEから認可されている場合を除く

●公序良俗に反するもの
<わいせつ関連>
・性風俗店のクーポンやチケット、宣伝広告やフライヤーなど
・18禁商品や児童ポルノなどの青少年の保護育成上好ましくないと判断されるもの ※媒体問わず
・モザイク除去機器、ならびにそれに該当するデジタルデータ
・ローター、ホール、ローションなどアダルト目的で利用されるグッズ
・避妊具など

<公序良俗関連>
・人体、臓器、細胞、血液、体液など
・反社会的なもの、またはそれに準ずるとLINEが判断したもの(レイプ、盗撮、暴力など)
・無許可で密かに採取された情報、記録、データ ※記録媒体問わず
・超小型カメラ、ピンホールカメラ、盗聴用機器などの盗聴・盗撮に悪用される可能性のあるもの
・犯罪、テロ、危険物生成の手引書など、犯罪性が高く、犯罪を誘発する恐れがあるもの
・死体の写真や画像といったグロテスクなもの、その他不快感や嫌悪感を与えるもの
・排泄物、廃棄物などの汚物や、動物死体、その他不衛生なもの
・手錠や足枷などの拘束具

●金券・チケットなど
・宝くじ、勝馬投票券、totoなど
・現行の紙幣、通貨
・債券、小切手、手形、株券などの有価証券
・議決権行使書
・領収書
・公的機関から発行された許可書や免許など
・キャッシュカード、クレジットカード、デビットカード、ローンカードなど
・預貯金や証券の口座、預貯金通帳
・各社のマイレージやポイントそのもの、ならびに各種ポイントカードや会員証など
・出品時点で所持していない金券、チケット
・営利目的、転売目的と判断されるチケット ※いわゆる、ダフ屋行為
・開催日、期限が近いチケット

●その他の禁止されている商品
・出品者が所有権をもたないもの (残債のある端末機器など)
・不動産
・車体、船体
・携帯電話(SIMカード含む)
・レーザーポインタ
・火薬、花火、発炎筒、発煙筒、爆発物、灯油、ガソリン、各種高圧ガス、液化石油ガスなど
・製品安全4法が指定する商品
・探し物や求人の出品
・使い捨てライター
・たばこ
・電子たばこ、及びリキッド
・企業や官公庁の入館証、制服、社員章、バッジなど、役職や身分を偽ることができるもの
・免許証、パスポート、健康保険証などの身分証明書となるもの
・サンプル盤、デモ盤として貸与されているもの、レンタル品
・個人情報や機密情報を含む出品
・具体的な根拠も無く信憑性の疑わしい出品
・サービスや情報といった実体の無いもの ※いわゆる無体物
・役務や労働力の出品
・動植物の生体(昆虫、両生類、魚類含む)、標本およびそれに類するもの
・使用方法によって他人に危害を加える可能性のある出品
・リコールの対象となる商品
・オンラインコンテンツのアカウントや通貨を含むデータ
・その他、LINEが不適当と判断した出品

通報

他の人に知らせずに通報できますか?

通報はLINE MALL運営局に直接報告されるので、相手はもちろん、LINE MALLの他の利用者、LINEの友だちに知らせずに通報することができます。

悪口を書かれました/見つけました

悪口をかかれている、もしくは発見した商品ページの下部にある『運営に報告』から、LINE MALL運営局にご連絡ください。

すべてのご報告内容を確認し問題改善に努めてまいります。

利用規約に違反した出品を見つけました

商品詳細ページで発見した利用規約違反の出品は、該当の商品ページ下部にある『運営に報告』からLINE MALL運営局にご連絡ください。

すべてのご報告内容を確認し問題改善に努めてまいります。

取引中の相手が利用規約違反をしています

取引中の相手が利用規約違反をしていた場合は、取引詳細ページ下部にある『困ったとき』からLINE MALL運営局にご連絡ください。

すべてのご報告内容を確認し問題改善に努めてまいります。
※詳しい調査のため、追加で情報のご提供をお願いする場合があります。

取下げ

急に出品取下げになるのですか?

LINE MALL運営局の判断に基いて軽度の問題があると判断した場合は運営局から問題箇所の修正依頼の連絡をさせていただきます。
その依頼内容に則した修正をしていただければ何も問題はありません。

運営局からの修正依頼をご対応いただけない場合や、重度の問題がある場合、LINE MALLが定める禁止行為を行っている場合は、LINE MALL利用者の安全を守るために即刻商品を取下げとさせていただきます。

禁止行為を確認する

取下げになった商品は再出品できますか?

取下げになった商品の編集、再出品はできません。
再度初めから同様の情報を入力して出品いただいてもLINE MALL運営局の判断で取下げとなる可能性が高いことをあらかじめご了承ください。
また、LINE MALLが定める禁止行為を複数回行うと強制退会となる場合もありますのでお気をつけください。

急に商品が削除されてしまいました

禁止行為や出品を禁止している商品の出品を発見した場合、LINE MALLでは該当商品を出品取下げとさせていただく可能性があります。
禁止行為禁止出品物をご確認ください